危険なフィラリア症 | ストロングハートプラス(大型犬用)を正しく買えるかはアナタ次第

ストロングハートプラス(大型犬用)を正しく買えるかはアナタ次第

危険なフィラリア症

「危険なフィラリア症」のイメージフォトです。

犬を飼っている人にとって、フィラリア症は常に警戒しておきたい病気のひとつとなっています。
蚊の体内に寄生しているフィラリアの幼虫が、蚊が愛犬から血を吸うために接触した際に逆流して犬の体内に潜り込むのです。
ただ、フィラリアは幼虫の段階から危険というわけではなく、この段階ではまだ症状が見られることはないでしょう。
しかし、だからといって放置しておいていいわけではなく、この段階で死滅させてしまうのがベストです。
もしこの幼虫がこのまま寄生していると、寄生場所を心臓部や肺動脈などの需要な血管部分に移し、そのままこの場所で成虫にまで成長してしまうのです。
フィラリアの成虫は糸状のカラダをしており、人間でも肉眼で見えるほどの大きさです。
そんな大きさの寄生虫が愛犬の血管内に寄生しているわけですから、当然血液の流れは悪化してしまいますよね。
その結果、これが原因で呼吸困難や血尿などの重度な症状を引き起こしてしまう危険があるのです。
フィラリアによって血管が詰まってしまえばそのまま死んでしまうという危険もありますので、飼い主としてはなんとしても早い段階で対処しておきたい寄生虫なのです。

そこで活躍するのがハートガードプラスなどのフィラリア予防薬です。
犬の体内に潜んでいるフィラリアの幼虫に対して効果的で、その成長を抑制することができます。
フィラリア予防薬によって成長できなくなってしまった幼虫はそのまま死滅するため、成虫による被害を心配がなくなるのです。
また、予防薬と呼ばれているのは、こうした幼虫への効果が1ヶ月間持続してくれるからです。
すでに寄生している幼虫だけでなく、今後1ヶ月間のうちに寄生した幼虫に対しても効果的なのです。